ガラス屋に施工を依頼して紫外線の影響を防ごう

住宅の窓ガラスを変えると紫外線の侵入を防ぐことができます 住宅の窓ガラスを変えると紫外線の侵入を防ぐことができます

紫外線には様々な悪影響が・・

紫外線は人に悪影響を与えるものとして認識されていますが、実は住宅にもダメージを与える危険性を持っています。ここでは紫外線が発生させる人体への悪影響や、住宅へ生じるダメージなどを細かくご説明しています。

紫外線とは何か?

光

紫外線は目で感知することが可能な可視光線よりも波長が短く、X線よりも波長が長い電磁波のことです。紫外線はUVAとUVBやUVCに分類されますが、肌に害を与えるのはUVAとUVBです。UVAは浴びると肌の内部が攻撃され、しわやたるみを発生させてしまいます。UVBは肌の表面を攻撃し、肌を黒くしてしまうので注意が必要です。特にUVAは室内にも簡単に侵入してしまうので、紫外線の影響を防ぎたい場合はガラス屋にガラス交換を申し込みましょう。

お肌だけではない紫外線が与える住宅への影響

外壁や屋根の塗料が剥がれやすくなる
紫外線が住宅に降り注ぐと屋根や外壁に塗られている塗料が劣化していき、住宅の外観が少しずつ悪化してしまうことが多いです。そのままにしておくと建物の耐久性も低下してしまうので、塗料が劣化してきたと感じた際は早急に対策を実施しなければなりません。住宅の窓ガラスを交換して紫外線予防を行なう際は、住宅の外壁や屋根もきちんと補修しておきましょう。
雨樋が劣化しやすくなる
一般的な住宅に使用されている雨樋は塩ビ製であり、長い間紫外線を受け続けると徐々に劣化が発生していきます。雨樋が劣化してしまうと屋根や外壁に付着した汚れを取り除くことができなくなり、住宅の劣化や腐食を促す可能性が高いです。場合によっては雨垂れで地面が掘り下げられて住宅の作りに悪影響を与える可能性もあるので、雨樋の劣化には注意しましょう。
TOPボタン